塾長メッセージ

目先ではなく、
将来を見越した指導を行っています

校長

「 深く理解する 」「 自分で学習できる能力を身につける 」ための指導が、私どもの最大の目標です。決して目の前の入試のみにとらわれることなく、 生涯を通じて発揮しうる能力を養成する ことが重要だと思っています。目先ではなく、将来を見越して「自分で学習する能力を身につける」指導を行っているからこそ、当塾に通う子ども達に高い学力を定着させ、結果として難関中学・高校合格に導く事ができるのです。

札幌進学教室は、過去 20 年以上に渡り、難関入試に成功し、入学後も燃え尽きることなく力を発揮する子ども達を輩出し、生徒・保護者の皆様からたくさんの喜びの声を頂いております。中学校あるいは高校入試で厳しい戦いに打ち勝った諸先輩たち、そして東大を始め全国の難関大学に合格し喜びの声を届けてくれた卒業生たちは、合格後も自分の歩みを正確に進め、さらに大きく社会に飛躍しています。

皆さんにも、そんな先輩たちの後に続き、「自立した社会に貢献できる人」として広い社会に羽ばたいていってもらいたいと願っています。

そして保護者の皆様には、結果よりもプロセスを評価してあげてほしいと思います。子どもたちにはそれぞれの頑張りのプロセスが必ずあるはずです。そのプロセスをしっかり見てあげて、ちゃんと頑張ったことを認めてあげると、子ども達はもっとがんばろうという気になります。ほめ方もしかり方もいろいろありますが、他人との比較や点数の結果だけではなく、自分が子どもだったらどのような言葉をかけてもらえれば頑張れるか、自分の子どもにとってどういう言葉がけがやる気を引き出すのか、保護者の皆様も一緒に考え、子ども達の頑張りをともに応援していただければ幸いです。

塾長 入江 昌徳

▲このページの上へ